阪急西宮北口駅、北西出口より徒歩30秒の法貴眼科医院

法貴眼科医院

予約優先制 TEL0798-64-1655

OCT検査でわかる疾患

レーザー治療とは、レーザー光を眼の中の組織に照射して行う治療方法の総称です。当院では、糖尿病網膜症に代表される眼底出血や網膜裂孔などの網膜疾患、緑内障、後発白内障に対しレーザーによる治療をおこなっております。

当院ではOCT検査が可能です

イメージ

シラスHD-OCT

OCT検査とは、網膜の断層画像を撮影する検査です。
従来の診察や眼底検査だけではできなかった網膜の断面を観察ができるようになり、今までとは比較にならないほど正確に判断できるようになりました。
検査結果から、網膜のむくみ、出血の範囲・深さ、視神経の状態が診断できることで病気の発見、治療方針、治療の観察が効果的にできるようになりました。

検査方法

イメージ

検査は専用の台に顎をのせて、中に表示されている緑色のマークを見ていただくだけです。
撮影は片目ずつ行います。器械が直接目に触れることもなく、短時間で終わります。
患者様への負担が少ない検査です。

OCT検査で発見できる疾患

イメージ
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 黄斑円孔
  • 黄斑上膜
  • 黄斑浮腫
  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性黄斑症
  • 網膜静脈閉塞症
  • 網膜前膜
  • 網膜硝子体界面症候群
  • 中心性漿液性脈絡網膜症