阪急西宮北口駅、北西出口より徒歩30秒の法貴眼科医院

法貴眼科医院

予約優先制 TEL0798-64-1655

症状から調べる(白内障、ぶどう膜炎、加齢性黄斑変性症)

代表的な目の病気について、病名・症状・原因・予防法・治療法を説明しています。

病名「白内障」

イメージ

シラスHD-OCT

症状

最近、『目がかすむ』『光がまぶしい』『小さな文字が読みづらい』と感じていませんか?
白内障は、目のかすみと視力低下が代表的な症状です。
このような症状があらわれたら、一度検査にお越しください。

原因

加齢、近視、性別、喫煙、紫外線、糖尿病

一番多い原因は加齢によるものです。個人差はありますが、誰でも年をとるにつれて、水晶体が濁ってきますので年齢が高い人ほど発症するケースが高くなります。
また強度の近視は核白内障が起こしやすいです。

糖尿病の合併症である糖尿病網膜症になると、白内障になる人も多いといわれています。

予防法

目の老化を遅らせるためにも抗酸化作用の強いブルーベリー・カシスやルテイン、ビタミンC、ビタミンEなどを摂取しましょう
また、白内障は光(紫外線)が原因となることがありますので、帽子やサングラスをかけることをお勧めします。

病名「ぶどう膜炎」

イメージ

症状

『目がかすむ』『まぶしく感じる』などが多く、その他に『目が赤くなる』『目が痛い』『ゆがんで見える』『虫が飛んでいるように見える』と感じていませんか?

このような症状があらわれたら、ぶどう膜炎かもしれません。一度検査にお越しください。
片眼のみのこともあれば、両眼に起こる場合もあります。

原因

病原菌による感染性か免疫異常が考えられますが、約3割は原因不明です。
日本では「ベーチェット病」「サルコイドーシス」「原田病」が全体の40%を占め、3大ぶどう膜炎と呼ばれています。そのうち、「ベーチェット病」「サルコイドーシス」は厚生労働省により特定疾患に認定されています。

治療法

基本的には薬による内科的治療です。
炎症の状態に応じて、点眼、内服、注射、点滴などを投与します。
治療の目的は炎症を抑えて視力障害につながる合併症を予防することです。
ぶどう膜炎は良くなったり悪くなったりをくり返し長引くこともあるので、定期的な通院が必要になります。治療中、急な変化を感じたときは、早めに受診しましょう。

病名「加齢性黄斑変性症」

イメージ

症状

  • 目やにのようなものがでる(前兆)
  • 視力が衰える(初期)
  • 中心部はゆがんで見えるが周辺部は正しく見えている(初期)
  • 視野の中心が見えなくなり、視力の低下を感じる(中期)
  • 色が分かりにくい(末期)

片目の場合、気づかないこと方が多いです。
このような症状があらわれたら、加齢性黄斑変性症かもしれません。すぐ検査にお越しください。

原因

加齢、光による刺激、紫外線、栄養の偏り、喫煙

一番多い原因は加齢によるもので、40歳以上から発症するケースが多いです。
また食生活の欧米化や、テレビ、パソコン、スマホなどの光刺激を受ける機会が非常に多くなったことも原因と考えられます。

※加齢黄斑変性症の原因は、他の病気や遺伝なども加齢黄斑変性症の原因という考えもあり、完全には解明されていません。(現在も研究中)

治療法

現在、加齢黄斑変性症の決定的な治療法は確立されていません。
レーザーを使って新生血管を破壊する方法や抗VEGF薬の注射による治療などありますが、治療方針については患者様と良く相談して決定いたします。

予防法

生活習慣の改善が重要です。
緑黄色野菜は発症を抑えると考えられています。肉中心の食事より、魚中心の食事のほうがよいようでしょう。
またビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと加齢黄斑変性の発症が少なくなることが分かっています。

喫煙者は加齢黄斑変性になる危険性が高いことが分かっていますので、禁煙することをお勧めします。