阪急西宮北口駅、北西出口より徒歩30秒の法貴眼科医院

法貴眼科医院

予約優先制 TEL0798-64-1655

法貴眼科医院

ボタン
阪急西宮北口駅
西出口より徒歩1分
予約優先制tel:0798-64-1655
緑内障とは?
白内障とは?
結膜炎とは?

子供の眼の病気

弱視

生まれたばかりの赤ちゃんの眼球の構造は、大きさが少し小さい以外、ほぼ成人と同じ程度に完成しています。しかし視力はまだ非常にわずかで、網膜から脳へ信号を伝えて映像にする仕組みが育っていないからです。

視力の発育スピードは、生後間もない時期ほど急速です。具体的には、生まれたばかりのときは視力0.01ぐらいで、1年後には0.1前後に育ちます。その後はゆるやかに発育し、4~5歳で1.0となり、だいたい完成します。
しかし、発育段階になにかの理由で網膜にはっきりと像が写らず刺激が加わらなかった場合、弱視になってしまいます。

弱視の種類

医学的弱視

網膜や脳の神経には、障害がないのに、視力の成長期において、角膜から網膜の前までになんらかの異常があって網膜にはっきりと像が写らず、成長が妨げられて視力が得られないことです。

社会的弱視

原因がなんであれ、視力が0.04~0.3(両眼での矯正視力)に低下していたり、視野が極端に狭くなっている状態をいいます。

子供の眼の弱視を見つけるには

子供のイラスト
しぐさ
物を見るとき、片方または両方の目を細める、首を傾ける、顔を近づける。片方の眼を隠すと途端に嫌がる(よく見えるほうの眼が隠された場合の嫌悪反射)
眼の外観からわかる異常
両眼がよっているか、別の方向を向いている。眼球が震えている。眼の大きさが左右で異なる。眼の表面や中が濁っているように見える。
動作
反応が鈍い。疲れやすそう、あきっぽい。

次のようなことは、眼がよく見えていないことを表す、子供のサインです。気づいたら早めに眼科医に診てもらってください。